施工事例

久御山町で屋上防水改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行っている京都市伏見区の中森工業です。

コロナ騒動も緊急事態宣言は解除されたものの未だ東京を初め全国でも感染者が出ている状況です。関西地方でも少数ながら感染者が出ていますがまた拡大して第二波にならなければと願うばかりです。

さて久しぶりの投稿になりますが今回は久御山町の某企業様の社屋が雨漏りしているとご相談を頂き当社で屋上防水改修工事をさせて頂く事になりました。

既存防水層は露出アスファルト防水でした。

調査した結果アスファルトルーフィングが経年劣化で入隅等のジョイント部が口が開き漏水の原因になっていました。

アスファルト防水を改修する場合の方法は大きく分けて3つあります。

1つ目は既存アスファルト防水を全て撤去して下地処理を行い防水層を新設する方法

2つ目は既存アスファルト防水の上にアスファルト下地活性材を塗布しその後アスファルト防水を重ねて新設する方法

3つ目は既存アスファルト防水を撤去せずにその上に塩ビシート防水を絶縁工法で新設する方法

この3つの方法になります。今回は3つ目の塩ビシート防水を絶縁工法で新設する方法を選択しました。

正確な工法名は塩ビシート防水機械的固定工法といいます。

まずは既存防水層と新設防水層が接する事の無い様に絶縁用シートを張ります。

次に塩ビシートの接合部になる専用ディスクを土間面に塩ビ鋼板を入隅、出隅、端末に取り付けて行きます。

塩ビシートを敷き込んだ後にジョイント部分に塩ビシートを溶かす為の溶着液を流し込みジョイント部分を溶着した後に溶着が甘い部分を更に熱風機にて熱溶着を行います。

この作業を行う事でジョイント部分を半一体化させジョイントの剥離を阻止します。

ゴムシートと大きく違う部分はこのジョイントの処理です。ゴムシートの場合はボンドで付ける為経年でボンドの効果が薄れて来ると剥離が起こりそこから雨水が入り漏水の原因になります。しかし塩ビシート防水はジョイントを先の方法で溶着する為剥離が起こりません。これがゴムシートと塩ビシートの大きな違いの1つです。

土間のディスクの部分は専用の加熱装置にて加熱をし塩ビシートの裏地を溶かしディスクに接合します。この加熱装置は塩ビシート表面は溶かさずに裏地だけを溶かす優れ物なんです。

ドレン部分は改修用ドレンを取り付け塩ビシートの下の湿気や空気を抜く為の脱気筒も取り付けました。

これで完成です‼️

既存アスファルト防水を一切撤去せずに施工が出来ました。

既存防水層を撤去すると言う事はリスクも伴います。                一つ目は撤去費や産廃処分費がかかる事です。特に近年参拝処分費が高騰して来ています。2つ目は撤去中もしくは撤去後に雨が降り漏水する事です。

この様な事を塩ビシート防水機械的固定工法なら回避出来ます。状況的に既存防水層を撤去せざるを得ない場合も有りますが今回の様な物件には有効な工法ですよね。

防水工事で大切なのは職人も工法も適材適所と言う事です。それらを誤ると良い工事や成果が得られません。施主様にとって1番困難な事は良い工事店を選択する事かも知れません。

迷われた時は当社、中森工業株式会社をお選び下さい‼️

念入りな調査、緻密な見積り、確実な工事、誠実な職人、安心のアフターケアをご提供致します。

それでは皆様からのご連絡スタッフ一同お待ちしております。


南区で屋上防水改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行っている京都市伏見区の中森工業です。

4月も終盤に差し掛かり桜の花も散り出し暖かい日々が続いていますがいまだ日本列島全域は新型コロナの猛威が収まらず感染者の数は増加している次第です。

新型コロナでお亡くなりになってしまった方、お悔やみ申し上げます。また現在闘病中の方、ご家族の方お見舞い申し上げます。1日も早い回復をお祈りしております。

さて今回は京都市南区にて行った屋上防水改修工事の様子をご紹介いたします。

こちらの物件は前回ご紹介しました物件と同物件です。前回時間が無くて外壁の塗装工事しかご紹介できませんでしたが屋上の防水改修工事もさせていただいてましたので今回改めてご紹介させていただきます。

今回は既存防水層がウレタン塗膜防水の通気緩衝工法でしたのでその上にウレタン塗膜防水を施しました。

まずドレン部の改修から!前回の工事でかなり小さい改修ドレンが設置されていたので今回それを撤去し新しく適正なサイズの改修ドレンに取り替える事にしました。

新しく取り替え周囲を補強クロスにて補強しました。こうしてウレタンを塗布して行くと強度が上がり耐久性のいい防水層になるんです!

立上りにも補強クロスを張ってからウレタンを塗布して行きました!当社が採用しているウレタンはダイフレックスのZero-1Hという製品で補強クロス無しでも十分な強度を確保できる高性能なウレタンなんですが今回のお客様はかなり建物にこだわりと思いをお持ちのお客様でしたので私達もそのお気持ちにお答えしたく更に強度アップの為今回の方法で行いました!

平場はウレタンを専用工具にて塗布ししっかりと厚みを付けていきます。

立上り、平場共にウレタンを更に塗り重ねていきます。ウレタン塗膜防水は厚みが肝心なんです。どんなに高性能な資材でも規定の厚みが確保されてなければ性能を発揮できません!つまりそれは防水工事の場合は漏水に繋がるんです!最近はこの辺の事を怠っている業者もいる様です。大変残念な事です。(>_<)

十分なウレタン層の厚みを確保したら最後の工程はトップコート仕上げになります。

このトップコートというのはウレタン塗膜層を紫外線等から保護する為の大事な作業なんです。このトップコート標準的な物はウレタンアクリルですがグレードアップすればフッ素コートなんて物もあるんです。それぞれで耐久性も違いますので工事の際にはご相談下さい。

とても綺麗に仕上がってるでしょう?

これが中森工業のウレタン塗膜防水です‼️

今回担当してくれたI君達!いつも素晴らしい仕事ありがとう!お客様も大変満足していただきお褒めのお言葉までいただきました‼️

その瞬間が職人にとっては最高に名誉な事なんです。現場の作業は過酷な事もあります。しかしお客様から認めていただいた時全てが報われた気がします。

中森工業の職人は素晴らしい職人ばかりです‼️私は誇りに思います。

防水工事は資材が良いだけではダメなんです!それを活かせる職人の腕と気持ちが無いと本当の良い防水工事は成立しません!

工事をお考えの皆様どうか慎重に業者をお選び下さい。沢山質問して沢山調べて下さい。

防水工事はとても建物にとって重要な工事ですから‼️

中森工業株式会社はウレタン塗膜防水だけではなくFRP防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、アスファルト防水等幅広く対応出来ます!またシーリング工事や地下止水工事等にも対応しております。

京都で防水工事頼むなら中森工業!

滋賀で防水工事頼むのも中森工業!

どうぞ宜しくお願いします‼️

本日はここまで^_^


南区で外壁改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

4月になり春本番となりました。しかしながら新型コロナの勢いは衰えを見せず拡大するばかりです。さまざまな産業に甚大な影響を及ぼし長期休業、業務縮小、最悪な場合倒産、廃業を余儀無くされそれに伴い沢山の失業者まで出ています。一体いつまでこのコロナショックは続くのでしょうか⁈

そんな中でも我々中森工業は活動の手を緩められません。建物の雨漏りや老朽化は待ってくれないからです。

皆様の大切な建物は大丈夫でしょうか?

今回は南区で外壁改修工事を行った様子をご紹介したいと思います。今回の物件はとても立派な邸宅で大変やりがいのある物件でした。

工事内容は外壁のクラックや欠損部の補修を行い目地や建具廻りのシーリングを打ち替え外壁全体を高圧洗浄し塗装工事を行ないました。また屋根や雨樋や軒天井も当然塗り替えを行ないました。

築20年の邸宅でしたが施主様の思いが沢山詰まった邸宅でしたので我々も気持ちもを込めて施工させていただきました。工事中は施主様に沢山の心配りいただき一同感謝しております。改めてありがとうございました。

既存外壁は吹付塗装とジョリパット仕上げの2パターンありました。どちらも外観を損わない様に改修いたしました。屋根と鉄骨部分は施主様もこだわりを持たれていた部分でしたので念蜜な打ち合わせにて仕様、色などを決めました。屋根には屋根専用の塗料があります。今回はSK化研のルーフスターを採用しました。屋根専用塗料を使う事により耐候性、耐久性が向上します。

今回の外壁改修工事は足場設置から工事完了、引渡しまで1か月強かかりました。施主様また近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。またご協力頂きました事御礼申し上げます。

今回の工事は外壁、屋根塗装の他にも防水改修工事、板金改修工事、打ち放し壁改修工事、給湯器取り換え工事なども行いましたので長い工事になってしまいました。

中森工業は幅広くさまざまな工事に対応可能です。どんな事でもご相談下さい。必ずお役に立てると思います!まごころこめてリフォームします!

それでは皆様新型コロナに負けず頑張って下さい。我々中森工業も頑張ります!


南区で塀の塗装改修

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

令和2年も2月に入りました!

今年は暖冬と言われてましたがここ最近寒い日が続いていますね。

また新型コロナウィルスが各地で猛威をふるってきています。

皆様どうかお身体にはお気をつけ下さい。

さて今日は塗装工事のご紹介をしたいと思います。

中森工業は防水工事だけではないんです!

塗装工事も得意なんです‼️

以前からお世話になっている企業様の塀の塗り替えを行いました。

昨年に社屋の壁は塗り替えを済ませ、今回は塀のみの作業となりました。

お客様のご要望で特注色で塗装しました!

とても鮮やかな色ですよね‼️

中森工業は外装改修工事のプロ集団です!

防水工事、塗装工事、屋根工事、外構工事

またエクステリア工事、電気工事、設備工事、内装工事なども可能ですのでどんな事でもご相談下さい‼️

必ずお客様のお力になります。

見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さいね^_^


大津市でビル大規模改修工事‼️続編②

雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

まず初めにこの度の台風19号に伴う災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

現在も懸命な復旧作業が続いている状況です。1日も早い復興を心より願っております。

近年台風、豪雨、異常気象と地球規模で何かがおかしくなっていると思います。我々の仕事はその様な災害後の復旧工事も沢山ございます。年々被害内容が酷く大きな物になって来ています。

我々はそういった災害が発生しても持ち堪える事の出来る、または被害を最小限に抑える事の出来る様な工事をする事が今後の使命だと考えております。

今後も日々の努力を怠らず邁進して行こうと思います。

さて今回も前回の続編をご紹介して行きますので宜しくお願いします。

大津市でのビル大規模改修もいよいよ完成の運びとなりました。

各所の塗装工事も完了しました。今回はタイル壁を塗装壁に変更した部位もありかなり手間もかかりました。

一部勾配屋根の部位もあり屋根改修工事も行いました。リファインルーフにて施工しました。雨樋も加工した物を取付けました。屋根工事担当のO君お疲れ様でした。

建物裏側の増築棟解体断面部もご覧の通り‼️予算の都合上鉄板波板になりましたが鉄骨工事から行いましたのでとても頑丈な物になりました。

鉄骨工事担当のNさんありがとうございました。

屋上の防水工事も完了し雨漏りもなくなりました。

これで全ての工事が終わりました。

施主様、近隣の皆様大変長い期間ご協力ありがとうございました。

今回の工事は足場工事、塗装工事、防水工事、下地補修工事、シーリング工事、屋根工事、板金工事、樋工事、基礎工事、左官工事、鉄骨工事と様々な業者様のご協力にて大規模改修工事を無事終える事が出来ました。

中森工業は沢山の方々のご協力の上に成り立っていると思います。

これからもご協力の程宜しくお願い申し上げます。

当社のホームページをご覧になっていただいている皆様中森工業はこれからも進化し続けます!

小さな工事から大きな工事までどんな事でもご相談下さい‼️


大津市でビル大規模改修工事‼️ 続編

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

朝晩少し冷えてきましたが皆様体調など崩していませんか?

朝晩は冷えますが日中はまだ残暑がありますので何だか厄介な時期ですよね(^_^;)

今日は前回ご紹介しましたビル大規模改修工事の続きをご紹介したいと思います。

それでは早速‼️

外壁の塗り替え、鉄部の塗装、配管類の塗装を行いました。

鉄骨下地新設しました壁面には鉄板波板を張りました。

外部からほとんど見えなくなる場所、予算上の都合で鉄板波板になりましたが綺麗に施工させて頂きました。

屋上、庇、面台にウレタン塗膜防水を施しました。

ここまで来たら9割程度完成です!

職人の皆様ここまでご協力ありがとうございました。残りわずがですがよろしくお願いします。

きっとお施主様にも喜んで頂けると思います。

中森工業は防水工事だけではなくこの様な工事も行なっています!

皆様いつでもどんな工事でもご相談下さい。

また中森工業はスタッフも随時募集しております。近年建築職人は減ってきています。しかし仕事の需要は高まってきています。

建築職人はたしかに厳しい仕事かもしれませんがやりがいもあると私は思います‼️

なかなか目標ややりがいが見つけられない人! 一緒に目標持ってやりがい見つけて中森工業で一緒に働きませんか!?

特に伏見区、山科区、宇治市の方は大歓迎‼️

未経験者でも1から指導致します!

中森工業はまだまだこれから大きくなります。あなたの力を貸して下さい!

お待ちしてます!


大津市でビル大規模改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

まだまだ残暑は厳しいですがもう9月ですね。秋本番が少しずつ近づいてきている今日このごろですね!

そんな残暑厳しい中、我々中森工業は日々頑張っています!

今回は防水工事のご紹介ではなく外装大規模改修工事の様子をご紹介したいと思います。

現在工事中の物件ですので一部だけのご紹介になりますがご覧下さい。

今回のビルは一部を解体された後から中森工業が工事を引き継ぎましたのでまずは解体断面を改修する為に基礎を新設しました。

作業用足場を設置し、この後の鉄骨工事で溶接作業があるので周囲に火花が飛び散らない様に防炎シートを張りました。

壁を新設する為の鉄骨を組みました!

鉄骨を組む前に邪魔になるコンクリート壁や解体時に残ってしまった鉄骨などの撤去などの作業もありなかなか大変でした。

Iさん、Nさんご苦労様でした‼️

外壁塗装する前に下地補修を各所行いました。サッシ廻りなどのシーリングにクラック補修!

クラック補修はVカット後エポキシ系モルタルにて補修しました。

外壁改修で大事なのはこの下地補修の工程なんです。この作業を怠るとせっかく塗装工事をしてもすぐにクラックが入ったり壁が浮いてきたりと様々な不具合が起こってしまいます。

今回、タイル面も塗装する事になりましたので専用の下地処理材にて左官補修しました。その他の不良箇所も補修しました。

中森工業は左官工事もお手の物です‼️

これで大方の下地はできました!

今回の改修工事でこの後に続くのは塗装工事、板金工事、防水工事です。

その様子はまた後日ご紹介していきたいと思います。

中森工業はこの様なビルの外装大規模改修工事も請け負っております。

長年の防水工事の経験から水漏れに強い建物に変える工事のご提案ができます!

京都、滋賀で外壁改修工事などありましたら中森工業にご用命下さい。

必ず満足していただける様にスタッフ一同尽力いたします。


伏見区でバルコニー防水改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

暑い日が続きますが皆様体調の方は大丈夫ですか?まだまだ暑い日は続きますので熱中症にならない様に気をつけて下さいね。

そんな暑い中今回は伏見区にてバルコニーの防水改修工事を行いましたのでご紹介していきます。

防水工事は陸屋根だけでなくバルコニーや庇なんかにも施されているんです。

一般住宅にはFRP防水やウレタン防水が多く用いられています。

そんなウレタン防水を今回はご紹介したいと思います。

今回のお宅のバルコニーは亀裂がありましたので先にVカットコーキング処理をしてからウレタン防水の工程に入る事にしました。

この亀裂をそのままにしウレタン防水などの防水工事を行うと後になって亀裂の部分の防水層が切れて不具合の原因になるんです!だから下地工事は大切なんです。

コーキングが硬化した後に次にウレタンプライマーを塗布していきます。

プライマーを塗布する事で埃を抑えると共に次に塗布して行くウレタンの接着力を向上させるんです。

立上り、土間にウレタンを塗布していきます。このウレタンは塗布後に時間をかけて硬化していき硬化すると少し弾力のあるウレタンゴムの層になるんです。

このウレタンを2回塗布し厚みを付けていきます。

これが2層目の工程です。

ウレタン防水の厚みは2㎜〜3㎜程度です。

この厚みで雨水から建物を守っているんです!

最後にトップコートを塗布し仕上げていきます。このトップコートを塗布する事でウレタン層を保護し紫外線や雨水から防水層を守り防水層の耐久性を向上させているんです。

ざっとご紹介しましたがこれがウレタン防水です。

皆様のバルコニー見て下さい!

トップコートが色あせてきてませんか?

防水層に膨れや破れはありませんか?

そんな現象があったら危険信号です!

そんな時は中森工業にご相談下さい!

直ぐに対応し解決いたします‼️


シーリング工事技能検定

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

梅雨空の日々が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私達は正直かなり困ってます(>_<)

雨で現場作業は止まるのに仕事は溜まる一方で‥

沢山のご用命大変有り難いのにこんな事言ってたらお叱り受けますね!

さて今回は先日行われましたシーリング工事の技能検定の様子を少しだけご紹介したいと思います。

この検定試験は年1回だけ行われる国家検定なんです。講習会と試験と2日に渡って行われています。

この検定試験を行なっている機関が私達中森工業も加盟している京都建築防水協会なんです。

日々現場で作業をしている腕自慢の職人さん達が自身のスキルアップの為、会社の為に真剣に挑戦しに来るんです‼️

では早速ご紹介して行きますね。

会場はこんな感じです。

現場に見立てたこの検定台にシーリングをして行きます。

みんな真剣に作業していますね!

この中から労働大臣認定のシーリング工事1級技能士が生まれるんです!

制限時間内に決められた作業を終えなければならないのは勿論ですが作業性や美観性や精度なども求められます。

この様な難しい試験をクリアした職人さん達が皆様の大切な建物を守ってくれるんです!

中森工業も沢山の技能士が在籍しております。安心してご用命下さい‼️

このシーリング工事とは建物の外壁の目地やサッシ廻りなどにコーキングを施していく作業の事です。

このコーキングが劣化し剥離したりすると雨漏りするんです。

とても重要な作業ですよね!

中森工業は開業20年以上の実績!

雨漏り、外壁改修工事、屋根工事、塗装工事、その他なんでもご相談下さい‼️

まだまだ梅雨空は続きますが沢山のお客様からのご要望にお応えできる様にスタッフ一同頑張って参ります。


山科区でFRP防水‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

久しぶりのブログ更新になります。

色々忙しくてなかなか更新できませんでした。

いよいよ梅雨入りですね!

私達にとってはとても嫌な季節なんです。

雨が降ってあっちこっちで雨漏りが発生しますので仕事の依頼は増えます。

でも仕事は捗らないので大変なんです。

泣きごと言っても仕方ないですよね!

私達よりも雨漏りしてる家の方々が泣きたいですよね (>_<)

どんどん中森工業にご相談下さい!

何とかします‼️

それでは施工案内していきますね!

最近、ウレタン防水ばかりご紹介してましたので今回はFRP防水をご紹介したいと思います!

一戸建て住宅のバルコニーなどに多く施工されているFRP防水‼️

25年前位まではバルコニーはゴムシートやアスファルトなどで防水した後にモルタルで押える工法が多く見られましたが外壁材にサイディングなどの新建材が用いられると同時にFRP防水の需要が高まって来ました。

現在では多くの住宅のバルコニーがFRP防水で施工されています。

FRP防水の特徴は軽量である事、また施工期間が短いので現場の工期短縮が図れます。

今回はそんなFRP防水の手順を簡単にご説明して行きたいと思います。

今回は既存FRP防水の上にFRP防水を施工する改修工事でしたのでまずは周囲を養生し表面研磨した後に脱脂作業(アセトン拭き)で油分などを除去し専用の層間プライマーを塗布しました。

プライマーが乾燥したらポリエステル樹脂でガラスクロスを張り付けていき脱泡ローラーを使いエアーを抜き下地にしっかり馴染ませていきます。

前工程の層がしっかり硬化したら次にポリエステル樹脂のみを塗布し防水層に厚みを付けて行きます。

この層もしっかり硬化させ表面をサンディングし綺麗にならしたら仕上げの工程に入って行きます。

トップコートを塗布しこんな感じに仕上がりました‼️

かなり端折ってご説明しましたが大まかな流れとしてはこんな感じがFRP防水です。

私は25年以上このFRP防水に携わり、また色々なFRP防水の現場また職人さんを見て参りましたがこの近年残念な事に腕のいい職人さんが減ってしまった様に思います。

腕の悪い職人さんに当たってしまい大変な目に遭われたユーザー様もたくさん見て参りました!

私達中森工業はそんなユーザー様を少しでも減らしたいと思い活動しております‼️

中森工業は京都建築防水協会に加盟している工事店です。

京都建築防水協会では国家検定であるFRP防水工事の検定試験を行なっているんです。

私自身もこの活動を15年程お手伝いして来ました。当然私自身もFRP防水1級技能士の資格を持っております!

だから中森工業はFRP防水に強いんです‼️

FRP防水のご用命は中森工業に!

FRP防水トップコート塗り替え工事もやってます。

きっと満足していただけると思います。

それではお電話お待ちしております‼️


12345...