施工事例

東山区で屋上防水改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は東山区にてビル屋上の防水改修工事を行いましたのでご紹介します。

既存は押えコンクリート仕上げでしたが経年劣化によるクラック、コンクリートの浮きなどがあり雨漏りしていましたので防水工事をする事になりました。

今回の工事は工務店様からのご依頼でしたので下地工事は工務店様にて施工していただきました。

まずは下地をケレン清掃してからウレタンプライマーを塗布します。

ウレタンプライマーが乾いたら次の工程に移ります。今回施工する工法はウレタン通気緩衝工法です。一般的に絶縁工法とも言います。

防水工事は大きく分けて塗るか貼るかの方法がありますがどちらも湿気には弱いんです!

直接下地に防水材を塗ったり貼ったりすると下地に含んだ水分が湿気となり大気中に出ようとし防水層を膨らませたりします。

そういう現象を回避する事が出来るのがウレタン通気緩衝工法なんです!

通気シートを床面前面に貼っていきます。

このシートの裏地が湿気を逃がす構想になっています。湿気は必ず水下から水上に逃げますので水上には脱気筒を設置し湿気を大気中に放出します!

 

通気シートを貼り、脱気筒も設置したら次はウレタンを塗布していきます! 

 

 

このウレタン硬化するとゴムの様になるんです。

このウレタンを2回塗ります。同じ日には2回塗れないのでウレタン塗膜防水を施工する場合は日数が必要になります。

全面にウレタンを2層しました。とても綺麗でしょ?だけどこの色が仕上げの色ではないんです。

最後の工程がトップコート塗布です!

これで完了です‼️

当然これで雨漏りも止まりました^_^

このウレタン塗膜防水の通気緩衝工法メリットは先にも述べました湿気対策と表面がシームレスな為とても綺麗です。またメンテナンスもしやすくとてもメリットの多い工法の1つです。

防水工事はとても工法が多い工事です。

屋上、バルコニー、庇、地下室、厨房、浴室など施工部位も多岐に渡ります。

部位にあった工法また使用用途に応じた工法を選択しないとせっかく高いお金を払って工事をしても長持ちしなかったり雨漏りしたりと大変な事になってしまいます。

じゃあ!どうやって工法を選択したらいいの?

って思いますよね^_^

そんな時は中森工業にご相談下さい‼️

必ず適切な工法を選択し施工します。

ご相談お待ちしております‼️

 


大津市でビル改修‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、外壁改修、屋根工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

久しぶりのブログ更新になります。

最近忙し過ぎてブログの更新が全く出来てませんでした(^_^;)

今回ご紹介するのは滋賀県大津市にてビルの外装大規模工事を行いましたので簡単にご紹介したいと思います!

真ん中のビルを改修させていただきました。かなり老朽化で危険な部位もあり大掛かりな工事になりました。

まずは屋上の不要物を解体し道路規制をして重機にて降ろして処分しました。

壁、土間など悪い所を左官補修しました。

外壁の亀裂もVカットしエポキシ系モルタルにて補修!

建具廻りのコーキングも打ち替えました。

雨樋や水切り金物も交換しました。

屋上もウレタン塗膜防水(通気緩衝工法)を施工し雨漏り対策はバッチリ‼️

ガラスが割れて破損していたサッシもカバー工法で新設しました!

各部位塗装工事も行いました!

屋上にフェンスも設置しました!

これで安全面もオッケーです!

最後は足場解体しいよいよ完了です。

完了しました‼️

やっと終わりました!

各職の皆様お疲れ様でした!

そしてありがとうございました。

今回の外装改修工事は仮設足場工事、解体工事、左官工事、外壁補修工事、コーキング工事、板金工事、塗装工事、サッシ工事、防水工事、フェンス工事と沢山の職人さんの力で完成する事が出来ました‼️

本当に感謝です⤴︎

中森工業は防水工事はもちろんの事、この様な工事も施工可能です。

戸建のベランダ防水からビルなどの大規模改修まで幅広くこなします(^。^)

建物の事でお困りの方はいつでも中森工業にご相談下さい‼️


中京区で屋上防水改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は上京区にてマンションの屋上防水改修工事を行いましたのでその様子をご紹介したいと思います。

今回の物件は以前に施工させていただいたマンションで高い評価をいただき施主様からのご指名で本マンションも中森工業が施工する運びとなりました!

こんな嬉しい事はないですね〜‼️

日々の努力が実った瞬間です。

しかし同時にご指名いただいた分、身の引き締まる思いもあります!

さて!今回の物件の屋上既存防水層はゴムシート防水でした。防水層に膨れ、破れも見受けられ表面の劣化も著しく雨漏りこそはしていないものの危険な状態ではありました。

今回の改修方法は塩ビシート防水の機械的固定工法で改修する事にきまりました。

この仕様ですと既存防水層のゴムシートを撤去する事なく上から防水層を新設できますので採用しました。

防水層を撤去するとその撤去費用の他に運搬処分費、撤去後の下地工事費などがかかります。

また撤去後に雨が降れば雨漏りする可能性も高まりますよね!

そんな問題をクリアーする為に最適な工法の1つが塩ビシート防水機械的固定工法です。一般的には絶縁工法とも呼ばれています。

まずはじめに笠木を撤去していきます。

次に既存防水層と新設防水層が接点を持つ事で不具合が起きない為に絶縁用シートを敷いていきます。

敷き込みが完了しました!

次に立上り塩ビシートの接合部になる塩ビ鋼板を天端、入隅、出隅に取付けます。

床面にはこれまた塩ビシートの接合部になる専用ディスクを取付けます。

このディスクの表面と塩ビシートの裏地が後に紹介する特殊な機械にて接合されるんです。

下準備が終わればいよいよ塩ビシートを施工していきます!

塩ビシートを敷き込みシートとシートが重なり合うジョイント部(5㎝)は溶着液にて塩ビシートを溶かし合い接合していきます。これを液溶着といいます。

液溶着で溶着しきれていない部分をライスターという熱風機にてこれまた溶かし合い接合していきます。これを熱溶着といいます。

こうする事で絶対に剥がれないシートジョイントが出来るんですね!

ゴムシートの場合はこのジョイント部が接着剤にて接合しているので経年劣化により接着剤の力が無くなり剥離を起こし漏水の原因になっていました。

しかしこの塩ビシート防水の場合はそういう現象はまず起こりませので安心です。

立上りにも同じ作業をしていきます。

立上りのシートは先に取付けた塩ビ鋼板にも溶着します。

塩ビ鋼板の表面も塩ビ被覆されている為、液溶着、熱溶着で塩ビシートと接合出来るんです。

入隅、出隅も専用のパッチを溶着して一体性を持ちバッチリに‼️

土間の塩ビシートの接合は先に取付けた専用ディスクの上を誘導加熱装置で加熱し接合していきます。

この機械は塩ビシートの裏地とディスクの表面をだけを加熱しその熱によって接合するという仕組みなんです!

シートの表面は勿論溶けたりしません。

湿気を逃がす為の脱気筒も取付け、塩ビシートの端末は専用のシーリング剤にて処理します。

これで全工程終了です!

どうですか?とても綺麗でしょ!?

今回の工事を担当してくれたI君、N君、I君の3名のスタッフお疲れ様でした!

素晴らしい出来栄えだと私は思います!

お施主様にも大変喜んでいただき我々もホッとしている次第です!

ご指名を受けた事の責任をこうして素晴らしい形にしてくれるスタッフに日々感謝です‼️


北区でバルコニー防水改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回はバルコニーの防水改修工事の様子をご紹介していきます。

皆様のお宅のバルコニーはどうなっていますか?防水は陸屋根だけではなくバルコニーにも施されているんですよ!

近年多いのはFRP防水ですが築年数の古いお宅はコンクリートや塗膜防水などもあります。

今回のお宅は元々コンクリートだった上に防塵塗装をされていました。

以前からバルコニーの下の玄関周辺に雨漏りするとの事で今回の工事となりました!

今回の様な防塵塗装や不良塗膜が既存にあると新設防水層がしっかり密着しません!

まずは下地処理から行います。

スクレーパーやディスクサンダーなどで浮いてきている塗膜を除去します。

次により良い下地にする作業‼︎

樹脂ペーストにて下地処理をしました。

これで下地が完璧にできました。

次から防水の工程に入ります!

今回の仕様はウレタン通気緩衝工法ですので通気シートを貼り付けます。

田島ルーフィング製のシートを使用しました。

しっかり点圧も行い、ジョイントテープも貼りました。

次に脱気筒を取付けました。

このステンレスの筒から下地に含んだ水分が原因で発生する湿気を大気中に逃がすんです。

これがウレタン通気緩衝工法の特徴の1つなんです。

改修時にコンクリート地に直接防水材を塗ったりすると湿気の逃げ場が無く防水層が膨れたりします。

そうなるともう大変‼︎

膨れ補修してもまた膨れるのイタチごっこになります。

それを回避する工法がウレタン通気緩衝工法なんです‼️

通気シートが貼れたらウレタンを塗布していきます。

今回は立上りは補強メッシュも入れてウレタンを塗布してますので強度もバッチリ!

床面はしっかり厚みを付けて塗布します。

この工程をもう1回行います。

ウレタン塗膜防水の基本はウレタン2層のトップコート仕上げです。

2回塗布する事で確実な厚みを確保できるのでとても大事な工程なんです!

ウレタン塗膜防水の厚みは標準的な仕様で2㎜、厚塗り仕様で3㎜程度です。

えっ!そんなに薄いの と思いましたか?

そう防水層の厚みは意外に薄いんです。

ゴムシートの標準仕様で1.2㎜

塩ビシートの標準仕様で1.5㎜

FRP防水の標準仕様で3㎜程度

まぁ こんな感じです!

しかし近年材料の品質の向上で高耐久の製品ばかりです。メーカーさんも日々努力されいい製品を我々に提供してくれています。感謝です!

あっ! すいません。話が少し脱線しましたね!ウレタン塗膜防水のご紹介に戻ります。

ここからは仕上げの工程です。

ウレタントップコートを塗布していきます。このトップコートを塗布する事でウレタンそのものを紫外線などから保護するんです。

これで完成です‼️

とても綺麗でしょ!

ウレタン塗膜防水はシート防水系とは違いジョイントがありませんのでシームレスでとても綺麗なんです。

ですから今回のお宅の様なバルコニーには最適です。

このウレタン塗膜防水はとても技術が要ります!私達中森工業はその技術を持っています。

今回施工担当したI君もまだ若いですが素晴らしい技術を持っています。

施主様も大変満足していただいた様です。

当然雨漏りも止まり現在は快適に使用されている事と思います。

この度は御協力ありがとうございました。

今回はバルコニーをウレタン通気緩衝工法で改修工事した様子をご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました^_^


上京区で外壁改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は上京区にて外壁改修工事を行いましたのでご紹介していきます。

今回の物件は6階建のビルで外壁から雨漏りするとご相談を受け調査したところ外壁がALCで目地やサッシ廻りのコーキングが劣化している事が原因で雨漏りが発生していると判明!

コーキングの打ち替え工事を行う事になりました。

しかしこのビルの施工したい外壁面には立地条件的に仮設足場の設置が極めて困難!

そこで私達、中森工業は秘密兵器を使って施工する事にしました。

それがこちら‼️

以前もご紹介しましたがロープアクセスにての無足場施工!

この方法で難なくクリアー‼️

壁面の全ての目地、サッシ廻りのコーキングを打ち替えさせていただきました。

中森工業は無足場にて外壁改修工事が可能なんです!

このロープアクセスを使えば外壁の調査なんかも無足場で行えます。

今回はちょっと変わった方法の工事をサクッとご紹介いたしました^_^


南区で外構改修工事‼️

こんにちは雨漏り、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は南区にて外構の改修工事を行いましたのでご紹介します。

台風で目隠しフェンスが風を受け上段のブロックに亀裂が入り倒壊の可能性が出た為に改修する事になりました。

またフェンスの支柱に防犯カメラなどを設置されているのでこれも移設する事になりました。

まずは目隠しフェンスを撤去しました。

これは風を受けて危険と施主様も当社も判断し新設はしない事にしました。

最上段のブロックも撤去しモルタルにて上部を補修!

フェンスが無くなり防犯カメラの設置場所が無くなった為新しく防犯カメラ設置用ポールと電線引込み用ポールを設置しました。

舗装を撤去し掘削したところ防犯カメラ設置用ポール側は十分埋込深さを確保できたのですが電線引込みポール側は掘削すると土中に障害物があり十分な埋込深さが確保できない為、基礎架台を設置する事にしました。

当然ですがちゃんと鉄筋も入れております^_^

これでポールの設置が完了です‼️

天端に笠木を新設して雨対策もバッチリ!

後日専門業者様にて防犯カメラなどの器具、電線を設置してもらい工事完了です‼️

壊れた伸縮門扉も新しい門扉に交換しました。

今回は今までに無い工事をご紹介いたしました。中森工業はこの様な外構工事もできるんです!

スーパー外構班⁈がいるのでどんな外構工事もお手の物なんです (笑)

是非、外構工事も中森工業に御用命下さい。必ずお役に立ちます!

これからどんどん外構工事もご紹介していきますので乞うご期待‼️


西京区でウレタン塗膜防水

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事、外構工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は西京区にてバルコニー防水改修工事を行いましたのでご紹介します。

物件は某ハウスメーカーで建てられたお宅でした。人工芝をめくると最近では珍しい金属の床が出てきました!

台風の時に雨漏りしたとの事で今回の工事を当社にご依頼いただきました^_^

まずは人工芝を撤去しかなり汚れていたので高圧洗浄機にて洗浄!

次に鉄板の浮き部に鉄板用ビスを打ち込み浮きを解消しました。

鉄板の繋ぎ目を専用のカバーで処理し金属プライマーを塗布しました。

金属に直接ウレタン塗膜防水を施工するのは少しリスクがあると考え通気緩衝シートを前面に張りました。

次にウレタンを全面に塗布!

ウレタン1層目です。

綺麗な色でしょ^_^

更に次の日にウレタン2層目を塗布!

このようにしてウレタン塗膜防水は厚みを確保していくんです。

このウレタンの厚みが足りないと防水層が切れやすくなり漏水の原因になるんです!

最後にトップコートを塗布し仕上げました。今回のトップコートはお客様の要望でフッ素系のトップコートを使用しました。

フッ素系のトップコートは耐水性に優れていて表面の水弾きも標準トップコートに比べるとダントツによく長期にわたり防水層を保護してくれます。

費用は標準トップコートに比べると少し高いですが持ちがいいのでメンテナンスの期間が延びるので結果的にはお得ですよ!

当社のお客様は結構採用されます。

皆様なかなかお目が高い!

中森工業はお客様にいい物、いい仕様、いい工事を常にご提案させていただき最終的に満足していただく事を心掛けております。

今回のお客様もハウスメーカー様にもご相談されましたが中森工業を最終的に選んでいただきました。大変感謝しております。

S様ありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。

工事担任者のK君お疲れ様でした。

とても完成度の高い工事だと思います。

私達、中森工業はハウスメーカー様で建てられた住宅も施工できます!

どんな事でもご相談下さい‼️


東山区で屋上防水改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は東山区にて屋上防水改修工事を行いましたのでご紹介していきます。

まずは全てのフェンスとコンクリート架台を撤去しました。

既存シート防水の上に絶縁用シートを敷き込みます。

塩ビシートの接合部になる専用ディスクを取付けます。

こんな感じで〜す‼️

外周入隅部にはこれも塩ビシートとの接合部になる塩ビ鋼板を取付けます。

ドレン部には改修用ドレンを取付けます。

塩ビシートを敷き込みジョイント部分はまずは溶着液にて溶着します。

溶着液では不完全な部分には熱風機を用いて熱溶着します。これでジョイント部は完璧です! まず剥がれる心配はありません。

これがゴムシート防水と塩ビシート防水の違いの1つです。ゴムシートは接着剤にてジョイントを付ける為に経年劣化し剥離をおこしますが塩ビシートは溶着しますので剥離はおこりません!

湿気抜きの脱気筒も取付けました。

塩ビシートの端末には専用のシーリング剤にてシーリング処理しました。

完了です‼️

今回は塩ビシート防水の機械的固定工法をご紹介しました。この工法は既存の防水層を撤去せずに施工ができるカバー工法なので工事中の漏水の心配がありません!

今回の工事中にも雨が何度か降りましたが勿論漏水はゼロ‼️

中森工業は全ての防水工事の施工が可能です。どんな事でもご相談下さい!

今回施工担当してくれたM君お疲れ様でした。

そして工事依頼頂いたU様ありがとうございました。

大変評価頂き、喜んで頂きスタッフ一同感謝しております。これからも宜しくお願いします。


ゴムシート防水で改修‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回はゴムシート防水で改修工事を行いました。近年、メッキリ減ったゴムシート防水!一昔前はゴムシート防水が屋上防水の主流でしたが今はシート防水といえば塩ビシート防水!と主流が変わりつつあります。

私なんかは若い頃まずはゴムシート防水を覚えないと一人前になれないと一生懸命覚えましたので少し寂し思いもあります‥

どんな事も時代の流れというものがあるんですね〜

それでは今回の工事をご紹介していきたいと思います。

屋上のゴムシート防水がこんな事になっていました!

今回の工事プランはゴムシート防水の貼り替え工事です。

まずは全て撤去しました。

天端などに欠損箇所がありましたのでモルタルにて補修しその後全面を樹脂ペーストにて下地処理しました。

次にプライマーを塗布します。

プライマーを塗布する事によりホコリなどを抑え、またボンドのつきを良くします。

ボンドを下地側とゴムシート側と両方に塗布し乾いたら接着していきます。

普通ボンドって乾いたら付かないと思いますよね! だけどゴムシート防水のボンドは乾かないと付かないんです⁉️

なんか不思議だと思いません?

全面にゴムシートが貼れました‼️

このゴムシートの厚みは1.2㎜です。

幅は120cm それを10cm強重ねて貼っていきます。

最後は全面にシルバーのトップコートを塗布して完成です‼️

今回の工事は2日間で出来ました。

ゴムシート防水は防水工事の中でも比較的工期のかからない工法です。

最近はゴムシート防水が施工出来ない職人さんも多くなってきましたが中森工業はゴムシート防水の施工も完璧にできます!

中森工業の強みは経験豊富なスタッフが多いので幅広い施工に対応出来るところです!

防水工事で最も大切な事は工法の選択だと私は思います。どんなにしっかり施工してもその施工箇所に対して誤った工法を選択しているとその防水層は長持ちしません!

中森工業は工法選択のプロフェッショナルでもありますので皆様お困りの時はいつでもご相談下さい。


山科区で塩ビシート防水‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事、屋根工事、外壁改修などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は山科区のマンションの屋上で塩ビシート防水で屋上改修工事を行いました。

既存防水層はアスファルト防水でした。

新設に用いた工法は塩ビシート防水の機械的固定工法です。

この工法なら既存アスファルト防水を撤去しなくても上から施工できるので工期短縮、工事中の雨漏りのリスク軽減、廃材が減る為、廃材処分費の軽減などメリットはたくさん‼️

しかし若干のデメリットもあるんですよね(>_<) 振動ドリルを使っての工事なので騒音が少し出てしまうんです。

それでは今回の屋上防水改修工事の様子をご紹介していきます。

まずは全面に既存防水層と新設防水層が接する事がないように絶縁シートを敷いていきます。

これは防水シートではありません!

次に塩ビシートの接合部分になる塩ビ鋼板と専用ディスクを振動ドリルで穴を開けプラグアンカーにて固定していきます。

その後、塩ビシートを敷き込みシートのジョイント部は溶着材にて溶かして溶着!

溶着しきれていないところは熱風機ライスターにてとどめの熱溶着‼️

これでジョイントが剥がれる事はありません^_^

立上りも同じ様に処理していきます。

専用ディスクの上は誘導加熱装置にて加熱して塩ビシートとディスクを接合します。

ジョイントの端末には液状のシーリング材にてシーリング処理!

これでジョイントは完璧です‼️

エアーが抜ける様に脱気筒も取付けました。

これで完了です。

今回は塩ビシート防水の機械的固定工法をご紹介しましたが中森工業ではその他、ウレタン防水、 FRP防水、アスファルト防水など全ての防水工事の施工が可能です!

また外壁改修、塗装工事、屋根工事、外構工事、各種リフォームにも対応しております。

いつでもお気軽にご相談下さい。

当然、調査・見積りは無料です^_^


12345...