施工事例

中京区でウレタン塗膜防水‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は中京区の某テナントビル屋上の防水改修をご紹介したいと思います。

今回の現場は狭いスペースに大型の空調設備や配管類、フェンス架台などがありました。下地は押えコンクリートでした。

なので今回はウレタン塗膜防水の中でも今回の現場の条件に最も適している通気緩衝工法で施工しました。

写真は省略しますが、まずは不要物などを撤去し欠損部分や段差などをモルタルにて補修した後に全面樹脂ペーストにて下地処理を行いました。下地が十分に乾燥した後に全面にウレタンプライマーを塗布し、これもまた十分に乾燥した後に通気シートを張り、シートの突き合わせ部分や端末を補強用テープで処理しました。次に通気緩衝工法で大切なパーツ⁉️

脱気筒を取り付けました。

これが無ければせっかく通気シートを張っても湿気の逃げ場がなく、防水層が膨れてしまいます。立上りは補強クロスをウレタンにて張り付け防水層の強度をアップさせます!

土間面は専用の工具にてウレタンを厚みを付けながら塗布していきました。一層目のウレタンが硬化後、更にもう一層ウレタンを塗布し、しっかり厚みを確保!

これが薄いとすぐに防水層が切れたりしてしまいます!

立上りもクロスを張った後、ウレタンを二層塗布しています。そして最後の工程、トップコートで仕上げていきます!

このトップコートを塗布する事で防水層を雨や紫外線から保護しているんです!

これで完成です‼️

とても狭く、施工しにくかった現場であったと思いますが完璧に仕上がりました。

担当してくれたI君達お疲れ様でした!

私達が日々行なっている防水工事は、とても手間の掛かる作業です。しかしその手間を惜しみ手を抜くとお客様にとって大変な事になってしまいます。

我々、中森工業は手間を惜しみません‼️

むしろ、手間の掛かる現場が大好きなんです 。 笑

手間の掛かりそうな現場、私達に施工させて下さい。

調査、見積りは無料ですのでいつでも中森工業にご連絡下さい!

すぐに駆けつけますので^_^


京都市右京区でウレタン防水

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回はウレタン防水をご紹介したいと思います。ウレタン防水の中にも色々な工法がありますが今回は通気緩衝工法をご紹介したいと思います。

こんな感じの屋上です!

雨漏りはなかったのですがかなり古くなってきているから雨漏りする前に今回の工事を決められました。

とても賢明なお考えだと思います^_^

まずは高圧洗浄にて長年の汚れを落として下地工事をしウレタン防水の為の準備をしていきます。

こういった作業が防水層の密着性を向上させるんです!

高圧洗浄完了!

下地処理完了!

ここから先はウレタン防水の工程に入っていきます。

まずはウレタンプライマーを塗布します。

次に通気シートを貼っていきます。

この通気シートを全面に貼ることで下地に含んでいる水分、湿気の影響を防水層が直接受けず、ウレタン防水層の膨れ防止になるんです。

次にウレタンを塗布していきます!

ウレタン1層目塗布完了!

この作業をもう1度行ないます。

ウレタン防水は基本2層塗りなんです。

ウレタン2層目塗布完了!

これでしっかり厚みを確保できました。

この後は仕上げの工程に入っていきます。

ウレタントップコートを塗布して完了です‼️ とても綺麗でしょ?

これがウレタン防水(通気緩衝工法)です。

中森工業はこの工法を得意としています。

この工法以外にもウレタン塗膜防水密着工法やトップコート塗り替えなどといった工事も請け負っております。

防水見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。


栗東市でFRP防水

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は栗東市の某分譲地のモデルハウスのバルコニーをFRP防水にて施工しました。

前回ご紹介したFRP防水と同じ作業になります。

近年、木造住宅のバルコニー、庇などに多く用いられているFRP防水ですが施工業者によって価格のばらつきがあり、また技術面でも残念ながらばらつきがあるのが実情です。しかし中森工業のFRP防水は徹底した技術指導を行っておりますので安心です。

プライマー塗布

ガラスクロス貼り付け

ポリエステル樹脂塗布

トップコート仕上げ

FRP防水は工期が短い、軽量、美観に優れているなど色々なメリットがある工法の1つです。

京都、滋賀でFRP防水するなら中森工業にご用命下さい‼️


左京区で外壁改修工事‼️

左京区の某店舗にて外壁改修工事を行いました。

当社ではこんな工事も承っております。

これが施工前の状況です!

かなり年季が入って所々崩れてきています。

これが外壁補修後の状況です!

綺麗になったでしょう^_^

続いてはこちら!

こちらが施工前の状況です。

かなり劣化していますね。

これが施工後の状況です!

土台、枠、杉板全てやり変えさせていただきました。見違えりましたね❗️

お客様も大変満足していただきました。

今回、施工担当してくれたE君達お疲れ様でした‼️

当社は本当にいい職人さんに恵まれていると思います!

感謝です^_^


バルコニーFRP防水工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

ここ最近かなり忙しかったのとシステムメンテナンスがあった為ブログの更新ができていませんでした。

今回久しぶりのブログ投稿は最近皆さんの関心が高いFRP防水をご紹介したいと思います。

ここ近年住宅のバルコニーなどに用いられる事が多いFRP防水‼️

メリットは軽量、施工期間が短い、美観、耐水性とたくさんあります。

施工時のFRP防水の下地としても構造用合板、ケイカル板などモルタル下地以外にも対応しているので重宝されます。

FRP防水の厚みは2㎜〜3㎜程度です。

では簡単に当社施工の現場を例に施工手順をご紹介します。

構造用合板にプライマーを塗布します。

今回の現場はFRP防水用横引きドレンとオーバーフロー管を設置しました。

ガラスクロスをポリエステル樹脂を塗布しながら下地に貼り付けていきます。

ガラスクロスの中に発生するエアーを脱泡ローラーにて丁寧にエアー抜き作業をしていきます。

貼り付けたガラスクロス層が硬化した後に次はポリエステル樹脂のみを塗布し防水層の厚みを確保していきます。

更に硬化後、表面を綺麗に平坦にする為にサンディング作業を行なった後トップコートを塗布し仕上げていきます。

トップコート塗布完了です‼️

とても綺麗に仕上がっていますね!

中森工業のFRP防水は年間50件以上の施工実績がありますので安心してご用命下さい。


中京区の屋上防水改修工事完了しました‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

以前からご紹介している中京区の屋上防水改修工事がやっと完了しました‼️

お施主様、元請け様、大変長い間ご迷惑おかけいたしました。そして何も言わずお待ちいただきありがとうございました。

おかげさまでとても良い仕事が今回もできました。

今年は天候が悪い日が多くとても防水屋泣かせではありますがそんな中で何とか負けずにやっております。 スケジュールの調整が大変ですけど‥(;_;)

どうですか?とても綺麗になったでしょ?

防水工事は雨漏りを止めるのは勿論ですが私は美観もとても大事だと考えます。

お施主様の大切な建物を雨水、太陽光、ホコリなどから守る為に私達の仕事は役に立っていると思いみんな日々頑張っています。

防水工事には沢山の工法があります。

今回ご紹介した塩ビシート防水の他にもウレタン防水、FRP防水、ゴムシート防水、アスファルト防水などがありますが当社では全ての施工をお受けできます!

最近、塩ビシートのご紹介が多くなってますが次回からは他の工法ももっとご紹介していきたいと思いますので乞うご期待‼️


屋上防水改修工事中‼️

現在継続工事中の京都市中京区の物件の進行状況です。

土間面の塩ビシート防水はほぼ完了しました。 ここからは立上り部分のウレタン塗膜防水の工程に移っていきます!

専用プライマーを塗布していきます。

プライマーが十分に乾燥したらウレタンを塗布していきます。

この工程を2回行って厚みを付けていきます。

もうすぐ完成です。最近のウレタンは品質も使い勝手も昔に比べて格段に良くなりました!私達の業界も日々目まぐるしい進化を遂げています。その進化に私達技術者側がついていかなければいい物はお客様に提供できないと思います。

技術の向上、探求にゴールはありません!

続きはまた後日!


京都市中京区で屋上防水改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

最近とても寒い日が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私達の仕事は外仕事ですので大変つらい日々を過ごしております。 (>_<)

今日は簡単に屋上防水改修工事などにもよく使われる塩ビシート防水機械的固定工法を簡単にご説明したいと思います。

施工前の状況です。

かなり劣化している屋上ですね!

でも私達の手にかかれば

施工中の風景です。

どんどん綺麗になり雨漏りが無くなり快適に生活していただけます (^O^)

この塩ビシート機械的固定工法は下地に左右される事なく施工ができるすぐれた防水の工法の1つです。

既存防水層がある屋上でもそれを撤去する事なく施工ができますので既存防水層の撤去費用及び廃材処分費用の削減ができます。また既存防水層を撤去してから行う防水工事の場合は工事中の雨による雨漏りが心配ですがこの工法だとその心配もありません‼︎

大変メリットの多い工法だと思います。しかし振動ドリルなどを使用しての作業になるので騒音が発生してしまう事がマイナスポイントなんです。

これは仕方がないなぁ どんな工法も全てにおいて万能な物はないんです。メリット・デメリットは少なからずあるものなんです。

やはり数ある工法を適材適所で行う事が防水工事においてはかなり重要なんです。

私達、中森工業は塩ビシート防水は勿論の事、ゴムシート防水・ウレタン塗膜防水・FPP防水・アスファルト防水・シーリング工事・注入工事・下地補修工事・塗装工事・左官工事・屋根工事・板金工事・リフォームなど幅広く施工可能ですので必ずお客様のお力になれると思いますのでいつでもどんな事でもご私達にご相談して下さい‼️


滋賀県栗東市で屋上防水改修工事‼️

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

今回は栗東市で行なった屋上防水改修工事の様子を紹介させて頂きます‼️

今回の改修方法は塩ビシート防水機械的固定工法になります。

始めに絶縁用シートを敷き込んでいきます。

塩ビ鋼板と専用ディスクを取付けていきます。

これがこの後に敷き込む塩ビシートとの接合部分になるんです。

塩ビシートを全面に敷き込んでいきます。

重ねしろは5cm取ります。

各部を熱風機にて溶着していきます。

この塩ビシート機械的固定工法のメリットは既存の防水層を撤去する事なく上から施工ができる為、撤去費用がいらなく工事中の雨漏りのリスクを最小限に抑えまた工期の短縮もできるんです。近年この工法がとても多くなりました。

ディスク部分は誘導加熱装置という機械にてシートを加熱しディスクに溶着します。

完了しました‼️

今回はザックリと塩ビシート防水機械的固定工法をご紹介させて頂きましたが防水工事の工法は他にも様々な工法があります。適材適所と言いますがまさに防水の工法もそうなんです。これを間違えるとせっかくの工事も無駄になりかねないのです。

中森工業はお客様の建物の状態や様々な状況に応じて施工方法をご提案させて頂いております。調査、見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。


ウレタン塗膜防水で改修工事

こんにちは雨漏り補修、防水工事、塗装工事などを行なっている京都市伏見区の中森工業です。

久しぶりのブログになってしまいました。最近、忙しすぎてなかなか更新ができませんでした(^◇^;)  今回は大阪市西区の某企業様ビルの改修工事の様子をご紹介して行きます。



かなり汚れていたのでまず高圧洗浄機で綺麗に洗いその後、亀裂補修などを行い防水する為の下地を作っていきます。これが防水改修工事では大切な工程なんです!


土間の目地は撤去して目地専用アルミテープで処理します。


ウレタンプライマーを塗布していきます。


プライマーが乾燥したら通気シートを床一面に貼ります。このシートを貼ることで土間から出てくる湿気で防水層が膨れるのを防ぐんです❗️


その後各所ウレタンを塗布していきます。

このウレタンを2回塗布して厚みをつけていきます。ウレタン塗膜防水はこの工程が一番大切なんです。


最後にトップコートを塗布していきます。


各所これで完成です‼️

この現場を担当してくれたY君達お疲れ様でした^ – ^  いつも素晴らしい工事感謝してます。

今回はこんな感じで終わりです。

またドンドン紹介して行きますので乞うご期待( ^_^)/~~~


...34567